昭和12年学会第2回研究発表大会のプログラム

昭和12年学会第2回研究発表大会

昭和12年学会の研究発表大会を来る令和元年(2019年)11月に実施いたします。
昭和12年学会の研究成果を披露する、最も重要な会です。

皆様奮ってご参加ください。

第2回研究発表大会開催概要

日時:令和元年(2019年)11月10日(日)
   12時半開場、13時開会
   18時半より懇親会開催

参加費:無料(昭和12年学会会員のみ参加可能)
      (参加希望の方は事前の入会をお願いします)

会場:ベルサール神保町 Room3+4+5
   東京都千代田区西神田3-2-1

プログラム・登壇者のご紹介

​<記載事項>      

演題
発表者名(専門)
生年
肩書
代表作


特別講演


「私の見る昭和十二年」

東京大学名誉教授
伊藤 隆


『歴史と私 - 史料と歩んだ歴史家の回想』(中央公論社、平成27年)


​第1セッション

「昭和12年の国体論」

里見日本文化学研究所所長
金子宗德

国家神道と国体論』(共著、弘文堂、令和元年)

「昭和12年の宮澤俊義」

昭和12年学会事務局長・憲政史家
倉山満

​『東大法学部という洗脳』(ビジネス社、令和元年)

「1937年のアクシオン・フランセーズ」

國學院大學大学院生
ポール・ド・ラグビビエ

司会・コメント

城西大学准教授
小野義典

​『ロードマップ法学』(共著、一学舎、平成28年)

​第2セッション

「中国共産党とトーマス・ビッソン」

拓殖大学大学院客員教授
江崎道朗

『コミンテルンとルーズヴェルトの時限爆弾―迫り来る反日包囲網の正体を暴く』(展転社、平成24年)

「近衛内閣と支那事変」


一燈園資料館「香倉院」職員
宮田 昌明(日本近代史)

『英米世界秩序と東アジアにおける日本-中国をめぐる協調と相克一九〇六~一九三六』
(錦正社、平成26年)​

 「昭和12年のモンゴルと徳王」


昭和12年学会会長・東洋史家
宮脇 淳子

『最後の遊牧帝国―ジューンガル部の興亡』
(講談社選書メチエ、平成7年)


司会・コメント

東京大学准教授
杉山清彦

『大清帝国の形成と八旗制』(名古屋大学出版会、平成27年)

コメント