樋口恒晴 日本陸軍の戦争準備状況 昭和12年学会論文3号


昭和12年学会論文3

公開日:令和2528

著者:樋口恒晴
AuthorHIGUCHI Tsuneharu

題目:日本陸軍の戦争準備状況

TitleWhat Kind of Wars was the Japanese Army Ready to Fight
論文要旨
 本論は、主に物理的裏付けに焦点をあて、主として日華事変前夜までの日本陸軍が本当はどのような戦争ないし武力紛争を想定し準備していたのか、あるいは準備していなかったのかについて考察した論考である。
 そこで、第一に、列強標準とはどのようなものだったかを理解しなければならない。それも、戦術面のみならず、それを支える狭い意味での兵站にとどまらない国家体制そのものについて見ていかなくてはならない。この問題を、1.および2.で取り扱う。
 3.で初めて日本陸軍を取り扱う。ここでは欧州戦争(第一次大戦)後期から戦間期初期にかけての近代化努力とそれが中途半端に終わった顛末について見ていく。4.では日華事変前夜の日本軍の補給その他の実情を見ていき、それから戦車開発事情、そして航空ガソリン開発の立ち後れを指摘する。
 5.では、日本陸軍が、第一次大戦の戦訓を踏まえた列強標準の重戦闘に耐えうる態勢をつくることは断念されていたということを指摘したうえで、大陸における半年以内の大規模治安戦または国境紛争対処以上の目標をもち得なかったことを確認する。そして最後に、今日の陸上自衛隊の問題について附言する。

Abstract

 The main theses is, what kind of armed conflicts was the Imperial Japanese Army prepared before outbreak of the Sino-Japanese incident 1937.    Apart from any popular propaganda, you can focus upon the logistics bases.
 The conclusion is that, the only they were ready for response were, the small border conflicts between Manchuria and Russia, and half year security campaigns in Mainland China.  
And they were never prepared for the large wars between the major powers.
 Despite the triumph of the Russo-Japanese war, Japanese Army faced on the serious shortage of the supplies. Moreover, the WW I taught that the modern wars require the states tremendous logistic bases.    But many Japanese could not recognize the necessities of the wartime industrial expansion systems embed in the peace time society and economy.
 And even the Army did not recognize the new tactics in which radio system can
tune the each combat element maneuver simultaneously.
 In consequence, the Japanese Army abandoned the capabilities in fighting the 
modern heavy wars.

Keyword:Japanese Army, Logistics, Industrial expansion, Modern heavy wars, WW I



 論文本文(昭和12年学会員限定公開)

コメント

コメントを投稿