投稿

9月, 2020の投稿を表示しています

令和2年公開研究会のご報告

イメージ
令和2年の公開研究会実施報告
<第4回>日時:8月 29 日(土) (前半) 講師:江崎道朗(評論家) 演題:中国共産党とトーマス・ビッソン
<公開研究会の様子> ご講演中の江崎先生
会場の様子
<参加者の声抜粋> 「トーマスビッソンについて、これから研究されるべきだと思った。」 「米国の政権に共産党が入り込んだ経緯がよくわかった」 「1930年以降に急速に日米関係が悪化した背景がよくわかった。」 「『保守を名乗る割には大事なことは見過ごしている』、『誰もやらなかったから自分がやるしかなかった』といった言葉が、自身の学習・研究への姿勢を見つめる機会となった。」
(後半) 講師:金子宗德(里見日本文化学研究所所長) 演題:昭和 12 年の国体論
<公開研究会の様子> ご講演中の金子先生
司会者からの総評時の様子
<参加者の声抜粋> 「国体をテーマに歴史の流れや変遷を追い、昭和12年および現代にいたる影響を見ることの意義を感じた」 「里見先生の国体論をどう広めていくかが重要だと思う」 「『国体を語る割には東洋哲学の思想をよく理解していないものが多い』という言葉に、自身がいかに西洋思想に染まっているかがわかった。」