投稿

峯崎恭輔 正定事件研究 ―拉致実行犯と動機の再考証― 昭和12年学会論文2号

昭和12年学会論文2号
公開日:令和2年1月15日
著者:峯崎恭輔
Author:Kyosuke Minezaki 
題目:正定事件研究 ―拉致実行犯と動機の再考証―

Title:Study of the Zhengding Incident
– Historical Review of the Abductors and Their Motives –

論文要旨
正定事件は1937(昭和12)年に中国河北省正定で起きた欧州人カトリック宣教師の拉致殺害事件をいう。  被害者出身国オランダのカトリック教会により列福の申請に用いられた説では、正定を占領した日本軍が、カトリック宣教会において女性を要求し、これを宣教師らが拒否したため殺害したとされている。この説は学術的見地から説得力を有するとは言えないにもかかわらず列福審査開始が認められたため、急ぎ歴史的事実を探求する必要を感じた。
本稿では、これまでの研究内容を更新する形で正定事件を論ずる。  本論では新たに発掘した史料を加えて、事件に関する記録を整理し直し、通説、特に動機に関わる点に注意しながら細部に渡って比較検証を行った。また、新たに判明した当時の日本軍の見解を、犯罪時の状況と照らし合わせて犯人像を考察した。  結果として実行犯を特定するまでには至らず可能なケースの提示に留まった。動機については、オランダカトリック教会の主張は史料との間に整合性を見出すことは困難であり、誤っていると考えられるので、より合理的な見解をいくつかの事例と共に提示した。
論文本文(昭和12年学会員限定公開)

論文ダウンロードリンク(クリックしてパスワードを入力してください)

2020年公開研究会のご案内

昭和12学会公開研究会のご案内 昭和12年学会では、年1回の大会とともに、毎月1回公開研究会を実施しています。

公開研究会のご案内(PDF)

2020年の公開研究会では、
2019年11月に行いました、
第2回研究発表大会で発表いただいた先生方に講師をしていただきます。

大会で発表・議論した内容に、更に磨きをかける形で発表いただき、
議論を行い、より知見を深めていければと考えております。

一般の方もご参加いただけます。
当日ご入会いただけましたら、会員価格でのご案内が可能です。

参加費は以下の通りです。
一般 :3000円
学会員:2000円


公開研究会の開催予定 ・第1回
1月 18 日(土)14:30~16:30(14 時開場)
講師:宮田昌明(一燈園資料館「香倉院」職員) 演題:近衛内閣と支那事変
会場:ハロー貸会議室茅場町駅前 RoomA
 (中央区日本橋兜町 13-1 兜町偕成ビル別館)

第1回公開研究会参加フォーム

・第2回
2月 22 日(土)14:30~16:30(14 時開場)
講師:宮脇淳子(昭和 12 年学会会長・東洋史家)
演題:昭和 12 年のモンゴルと徳王
会場:ハロー貸会議室茅場町駅前 RoomA
(中央区日本橋兜町 13-1 兜町偕成ビル別館)

第2回公開研究会参加フォーム

・第3回
3月 22 日(日)14:30~16:30(14 時開場)
講師:ポール・ド・ラクビビエ(國學院大學大学院生)
演題:1937 年のアクシオン・フランセーズ
会場:ハロー貸会議室茅場町駅前 RoomA
 (中央区日本橋兜町 13-1 兜町偕成ビル別館 3 階)

第3回公開研究会参加フォーム

・第4回
4月 18 日(土)14:30~16:30(14 時開場)
講師:江崎道朗(拓殖大学大学院客員教授)
演題:中国共産党とトーマス・ビッソン
会場:東京大学駒場キャンパス KOMCEE-East 2F K212
(目黒区駒場3-8-1 東京大学教養学部内)

第4回公開研究会参加フォーム

・第5回
5月 23 日(土):時間未定
講師:金子宗德(里見日本文化学研究所所長)
演題:昭和 12 年の国体論
会場:未定

第5回公開研究会参加フォーム

ご入会につきましては、以下ご参照ください。 昭和12年学会ご入会について

過去の公開研究会のご報告